男女

TV会議に導入するシステム選定基準|システムで業務を円滑化

効率的に行なう仕事方法

オフィス

法律事務所では日々の案件管理に追われることも多いでしょう。弁護士の日々の業務負担を和らげるために開発されたのが弁護士システムといえるでしょう。法律事務所では日々たくさんの顧客の情報を同時並行で取り扱っています。そのため資料も膨大な数となる場合があります。紙媒体などで顧客の情報を案件管理する際は注意が必要です。複雑化する法律事務所での業務内容を簡易化するために、弁護システムを導入する弁護士も段々と増えてきたといえるでしょう。顧客単位の案件管理を行なう他にも弁護士同士の案件管理にも弁護士システムは活用されています。法律事務所内の週や月単位でのスケジュール共有にも便利です。
また、弁護士システムは実際の法律事務所からのニーズを取り入れてテストユーザーとしての試験運用を行ってきました。開発者目線だけでなく実際に利用する人の意見を取り入れた開発手法がここまでの使いやすさと人気に繋がったのでしょう。パソコンが苦手な人でも簡単に操作できるようなデザイン性を確立しています。そのため、視覚的にボタンの意味を分かりやすくしたり、業務のフローを把握しやすい作りにしたりとインターフェース面で様々な工夫を取り入れています。これにより今まで案件管理に掛かっていた時間を本来のコア業務に充てることで業務改善と業務効率化に繋げることができます。案件管理に時間を取られて本来の業務に注力できない事に悩んでいる弁護士が居れば弁護士システムの導入を検討するのも良いでしょう。